2016/12/17

ゾウを救え! ディカプリオとプーチンの元側近が個別にドキュメンタリー映画を制作

セルゲイ・ヤストルジェムブスキー(Sergey Yastrzhembsky)は元ロシアの外交官。1953年12月4日生まれ。歴史学の博士号取得後官僚となり、ボリス・エリツィン(Boris Yeltsin)やウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)の報道官、EU大使などを務める。

プーチン側近時代のヤストルジェムブスキー(The Times

2008年に退官してから、どういう経緯からか、アフリカでドキュメンタリー映画の制作を開始。2012年、プロデューサー兼監督として初めての作品を発表。アフリカの部族の生活を描いた『Africa, Blood and Beauty』(アフリカ 血と美しさ)だ。

ドキュメンタリー映画監督になったヤストルジェムブスキー(Bank of Cyprus Cultural Foundation

野生動物を殺すのも好きらしい(Sportsmen on Film

最新作は今年公開された『Ivory: A Crime Story』(象牙 犯罪物語)。3年かけて、30か国で撮影。250時間もの映像を1時間27分にまとめた。制作費用100万ドル。野生のゾウが15分に1頭という空恐ろしいペースで、象牙目当ての密猟のために命を落としている現状を憂えて制作したというこの映画は、中国、ベトナム、タイの大物象牙バイヤーを名指しで非難している。

2016/12/09

愛らしいフランス人女性による「マケバ」がユーチューブで話題

うら若いフランス人歌手によるビデオ「マケバ」が話題になっているという。11月30日にユーチューブにアップされ、12月9日現在で85万ヒットを超えている。

「マケバ」とは、南アの国民的歌手で反アパルトヘイト活動家「ミリアム・マケバ」(Miriam Makeba)のこと。
「ママ・アフリカ」と呼ばれたミリアム・マケバ(Originalpeople.org

歌っているのは「Jain」。フランス語読みすると「ジャン」だろうか。本名「Jeanne Galice」、1992年2月7日生まれ。マケバが亡くなったのは2008年11月9 日。ジャンがまだ16歳の時だ。そんな女の子がなぜマケバの歌を?

2016/12/05

黒人女性に相変わらずの人気 美白クリーム

南アの黒人女性の間で美白クリームが流行っているという記事(「美白クリームが黒人女性に大人気」 )を4年前に書いたが、危険な成分を含んだ美白(というか漂白)クリームはいまだに市場に出回っており、また、美白クリームの人気は依然として衰えていないことが最近の調査でわかった。

ケープタウン大学と米ペンシルベニア州立大学の合同調査に協力した600人の黒人・インド系南ア人のうち33%が、「肌を白くする製品を使っている」と回答したのだ。調査結果は『SA Journal of Science』に発表された。

なぜ南アの有色人種女性は肌を漂白するのか。その理由は、肌が白いと「特権が増える。社会的地位が高くなる。雇用に有利になる。結婚に有利になる」と思われているため。「歴史的な人種差別感」や「化粧品会社のマーケティング」も原因と考えられる。

以前紹介した南アのセレブ、ムショザ(Mshoza)は「美白クリーム」どころか、漂白作用のある物質を皮膚に注入した。『ドラム』(Drum)誌のカバーに登場したときの見出しは、「醜い私にうんざりしたの」(I was tired of being ugly)。整形し肌を漂白したおかげで、「彼が前より愛してくれるようになった」という。そんな男とはさっさと別れた方が良いと思うけど。。。